自分大学・お話会

2015年6月 1日 (月)

緑の中の保育園

27日日はお話の師匠、H先生と共に、K保育園へ。

以前からここの保育園の保育は有名でいつか見てみたいと思っていたところ、そこでのお話会のお手伝いを頼まれて、行ってきました。
真夏のような暑い日でしたが、K保育園には大きな木がたくさんあって、園庭にはあっちにもこっちにも、木陰ができていていました。子どもたちはその木陰で楽しそうに思い思いのことをして遊んでいました。木の上を見あげると、ツリーハウスがあり、下を見れば園庭のまん中を小川が流れているのです。
(ああ、子どもになってこの保育園に通いたい)って思いました。
園舎の中も素敵で、あちこちに個性ある手作りのオブジェが置いてあるのです。よく子どもがいたずらしてどこかにいっちゃわいなあ、と感心。
クラスのお部屋も、個性的なつくりで、わくわくします。なにより、天井まである大きなまどから外の木の緑が大きな絵のように見えるのが大変な癒しになっていました。
お話会は、保育園には珍しい図書室のような部屋で行いました。四角い部屋の3面にはづらーっと絵本が並んでいて、園庭に面した窓からは木の緑と、時間をしらせる、おおきな釣鐘がみえました。
今日は、年中さんに2回にわけてお話会をしました。
プログラムは
①、手袋人形・・「ことりはとってもうたがすき」
②、絵本・・「アンガスとあひる」
③、お話・・「鳥呑爺」
④、お話・・「マメ子と魔物」
私は、鳥呑爺をやらせていただきました。
師匠からは「いい、小鳥は小さくね!」と念を押され、「はあ、はい!」と返事をしたものの、小さくはなんとかできるけど、太ってるかもしれない、と不安になり、何回も練習したものの、1回目やるまで、緊張で気持ち悪くなりそうでした。
1回目終わってから次の子どもたちが来るまでの間に、師匠からは「あやちゅうちゅう~が早すぎて、子どもたちが楽しむ暇がない、もぅ少し、ゆっくり、歌うような感じで」とアドバイスされました。私は小さい感じを出すために、早口言葉みたいに早く言ったのですが、そういえば、「あやちゅうちゅう~」って言い出したとたんにやにやして、わあっとなりかけたのに、私がすぐ次の言葉を言ってしまうので、その「わあ」がすぐひっこみ、また「わあ」って出かかって、ひっこみしてたなあ、と。
おそるおそる、2回目には「あやちゅうちゅう~こやちゅうちゅう~」と歌うような感じでゆっくりやったら、子どもたちが充分楽しむ間を得たように思いました。
この話は筋というよりも、この鳥の鳴き声が楽しいのだから、この泣き声を充分楽しませてあげることが大事なんだなあと、実感しました。
今まで、何回か鳥呑爺をやりましたが、この日の子どもたちほど楽しんだことはありませんでした。子ども置き去りだったなあ、と反省。
また、ここの子どもたちの聞いている時の顔の美しさに見ほれ、真剣な目の輝きに、(どんな宝石も叶わないな)と思い、不覚にも涙が出てしまいました。
こんな素敵な部屋でやったからなのか、もともと、ここの子がお話好きなのか、聞くときの集中力がすごく、今時、こんなひたむきな目でお話を聞く子がいるのかと驚きました。話し手冥利につきる時間でした。
師匠と共にやるのはやだなあ、と思っていたけれど、修行のためにあえて手をあげてよかったなあ、と思いました。絵本の読み方も、他の人が注意されてるのを聞いて、なるほどと納得、とすごく勉強になり、師匠直々にご指導していただくことのありがたさを感じて帰ってきました。

2014年11月28日 (金)

ルピナス文庫のお話&講演会

いや~6週間ぶりです。ブログ書くの。10月はお話会目白押し、講演会にいくのや自分がするのや怒涛の日々で、書くこといっぱいあったのに、すでに過去のことになってる。なので、心に残った濃いことから順々に書いてこ。

一番新しいことは、昨日のルピナス文庫。

待望の平塚ミヨさんをルピナス文庫にお呼びして、お話と語りをしていただいた。

ルピナス文庫のMさんは、地域の子どもにいい本といい時間を届けている素敵な方です。すごい頑張りなんだけど、「頑張ってる」って言葉はこの方には似合わない。私から見ると大変なことを、楽しんで軽々とやってらっしゃる。下手したら私の娘ぐらいの年なのに、えらいなあと見習うこと多し。

だから、つい応援したくなる。今回は誰よりもこのMさんに平塚さんを会わせたかった。そしてそこに来ている若いお母さん方にも。

それは、あたたかで、みんなが平塚さんの腕(かいな)に抱かれてうっとりしたような時間だった。

今回はじめて、お話を聞いた、Nさん、「私は音楽が好きなんですけれど、今日のお話の特に『ねずみの小判干し』はオーケストラの奏でる良質な音楽を聴いているようでした」と、お話しくださり、「まあ、そんなこと言ってくださるの、うれしいわあ」と平塚さんにっこり。それを聞いていた私も、うまいこと言うなあ、と感心して自分が言われたみたいに嬉しかった。

またあとで、メールをくれて、「平塚先生をみてると、年を重ねることは素敵なこと、と感じます。お話が始まると、いつのまにか吸い込まれて、そこは「年とったばあやのおはなしかご」の世界でした。子どもみたいに、もうひとつ、もうひとつとおねだりしたくなりました。」とありました。

日本語の母音の美しさを教えてくださり、みんなで「あいうえお」とやりました。

お話と共に平塚先生の人生も垣間見せていただきました。このあたたかさは、この人生の冬を乗り越えたところから出てきたのだなと納得しました。

人生がつらく、お話から離れてしまおうかと思っている人も、どんなにつらくても、あきらめないで続けるということがいかに大事か。

「お話は目に見えない生きる力を繰れるんじゃないかなと思います」

辛い時は自分が覚えた昔話の一節が顔を上げる力になる、前に進む力になる。私も少なからずそういう体験はあります。

本当にいい時間でした。

それを支えてくださった、ルピナス文庫のMさんはじめお仲間の方たちのきめ細かな配慮に感謝します。

2013年7月13日 (土)

M宅の会

10日は久しぶりのM宅の会。

読んだのは

「ムギと王さま」から「名のない花」「モモの木をたすけた女の子」の2編。

これで、「ムギと王さま」は全部読んだので、おわり。

次回からは、「日本昔話百選」を少しずつ読んでいくことに。

で、今日さっそく、ひとつ、「うぐいすの里」を読む。

昔の日本人の生活にはこうした季節ごとの行事やならわし、文化が生活の中に溶け込んでいた。そのなかから、日本人らしい感受性が育まれてきたのだと思う。

わらべうたもそのひとつ。今じゃお金払ってどこかへ行って教えてもらう時代になってしまった。

また、日本昔話百選は1971年に刊行され、その後2003年に改訂版が出たが、どうも、私などは、改訂版になじまず、改定前のほうがことばのリズムがいいのに、と思ってしまう。

それから、アイヌの昔話の「パナンぺと鬼」を改訂版では同じアイヌの昔話の「うば百合のたたり」に差し替えてしまった。そのわけは前書きにも、あとがきにも書いてない。同じ、アイヌの話でも、この二つは全くお話の柄が違う。

これから、順々に読んでいくので、違いをひとつひとつ確かめていくのも、面白いと思う。

それから、百選とあわせて、皆さんのリクエストで、次回からは、フィリパ・ピアスの「まぼろしの小さい犬」も少しずつ読むことになった。こちらも楽しみ。

東戸塚五年お話会

久しぶりの東戸塚小お話会。

ここでのお話会は、ベテランの先輩たちのお話しや、いろいろなアドバイス、が聞けて本当に楽しく勉強になる。

今日はずっと熱望していたOさんとご一緒でしたが、残念、違うグループなので、お話は聞けず!でも、本の実の後輩メンバーが見学で参加して、聞けた。よかったね!&うらやまし!

でも、休憩中にいろいろ勉強になるいい話が聞けた。

プログラムは以下。

1、「お話を知らなかった若者」・・・子どもに語る「アイルランドの昔話」 こぐま社

2、「きつねのホイティ」・・・シビル・ウェッタンシンハ/作 福音館書店

3、「ねむり姫」

5年は5クラスなので、2グループでやり、私たちのグループは3回やった。

私は、1回目と2回目「お話を~」を語り、3回目は「きつねのホイティ」を読んだ。

Oさんの「お話を~」が聞きたかったけれど、3回やったから、無理。逆に私の練習不足の「ホイティ」を聞かれてしまった。

でも、とても的確な、アドバイスが聞けた。

「ホイティ」は「そこで・・・」というところ、すこしためて、どうなるのだろうという期待を膨らませる読み方をすること。句読点をきちんと意識して読むこと。絵本の編集者は点や丸をどこにつけるかで、喧々囂々のディスカッションをするそうだ。それから、地の文と会話を同じトーンでやらない。単調になる。

これは、お話にもいえること。点や、丸にはそこについている意味があるのだから、文だけでなく句読点も正確に覚えることが大切。

2013年6月 3日 (月)

平塚先生との勉強会

30日は「おにろくの会」番外編、「平塚ミヨ先生との勉強会」でした。イン国立。

今回も先生のおうちのそばの集会所。古いんだけどなんか落ち着く。リラックスしちゃうところです。今回も午前、午後と昼食をはさんで一日、お話三昧。

お弁当もおいし、先生手作りのたこときゅうりの酢の物もおいし、そしてまたまた山ちゃんのシフォン、一切れが大きいのもうれしい、でもでも、山ちゃん大変だったね。ありがと。お持ち帰り用の袋と止めるシールも、細かい気配り、ありがたや、そしてみんなお持たせのそれぞれのお菓子も。うちに帰って、また楽しみました。

で、食べ物のことばっかりで終わったらいけんね。

プログラムは、

午前の部

1、鳥呑爺 「幼児と民話」小松崎進 編著 鳩の森書房

2、七羽のからす 「子どもに語るグリムの昔話2」こぐま社 

3、金色とさかのおんどり 「おはなしのろうそく3」

4、うちの中のうし 「おはなしのろうそく5」

5、うりひめ 「子どもに語る日本の昔話1」こぐま社

6、ルンぺルシュティルツヘン 「おはなしのろうそく12」

7、ふしぎなたいこ 「ふしぎなたいこ」岩波書店

8、手なし娘 「日本昔話百選」三省堂、子どもに語る日本の昔話3こぐま社より

午後の部

1、ふるやのもり 「おはなしのろうそく6」

2、なまくらトック 「おはなしのろうそく3」

3、長靴をはいたねこ 「おはなしのろうそく5」

4、絵本 「チキン・スープライスいり」 センダック/作 冨山房

5、いっすんぼうし 「いっすんぼうし」福音館書店

6、ラプンツェル おはなし愛蔵版「ついでにペロリ」

平塚先生も語ってくださった。

「なんでも信ずるおひめさま」 「ものいうなべ」岩波書店

私は「手なし娘」と「チキンスープライスいり」をやらせていただいた。

チキンスープ~みんな子どもみたいに楽しんでくれて、途中から「チキン・スープライスいり」のところは大合唱になった。さすが、みんな感度いいね。

ほんとうに楽しい本だなあ、神宮輝夫先生の名訳。リズムがすばらしい。

みんなの聞いていたら、ああ、これも、あ、これもと覚えたい話がふえて困った。

そして、平塚先生の「なんでも信ずるおひめさま」、最初は、お婿候補の大ぼらをまじめに受け止めるおひめさまをにやにやしながら聞いていたんだけど、最後お父様の王様の悪口を言われた時、今までの柔和なお姫様がキッとなって

「やめて!そんなこと、うそだわ!」おひめさまのかわいい顔は、いかりでまっかです。「しらないんならおしえてあげる。わたしのおとうさまは、けちではありませぬ。おとうさまは、いつでも、パンのひときれまでも、まずしい人びとにわけてあげるかたですわ。」おひめさまは、顔をあげて、はっきりいいました。

というところで、はっ!とした。平塚先生の、このお話で一番うったえたいところはここだなと思った。

このおひめさまのかっこいいこと!ここぞ!というときは、はっきりと真実を言い切る!潔さ、いっぺんで、このおひめさまが好きになった。

2012年12月 1日 (土)

おにろくの会~in国立

昨日は、平塚ミヨ先生を囲んでの楽しい会でした。

本当に楽しかったなあ。私たちが平塚先生をおむかえして~ということだったのだけれど、結果的には、会場の手配、お茶の手配をしてくださり、差し入れまでしてくださり、感激でした。

会場は、先生の家のすぐ近くの集会所で、ちょうどいい広さ、あったか~い雰囲気のお部屋で、すごくいい感じ。

プログラムは以下

         ~~~~午前の部~~~~

1、かにむかし   「かにむかし」岩波書店

2、みつけどり   子どもに語るグリムの昔話2 こぐま社

3、お話を知らなかった若者  「子どもに語るアイルランドの昔話」 こぐま社

4、かえるの王様  「子どもに語るグリムの昔話2」 こぐま社

5、雨のち晴れ   「おはなしのろうそく13」 東京子ども図書館

6、小さなこげた顔  「アメリカのむかし話」 偕成社

               昼食・休憩

1王子さまの耳はロバの耳  「子どもに聞かせる世界の民話」 実業之日本社

2、みつけどり   「子どもに語るグリムの昔話2」 こぐま社

3、鶴女房   「日本昔話百選」 三省堂

4、マッチ売りの少女   「おはなしのろうそく23」 東京子ども図書館

5、三びきのクマの話  「イギリスとアイルランドの昔話」 福音館書店

6、指輪     「おはなしのろうそく27」  東京子ども図書館

7、魔法使いのチョコレートケーキ 「魔法使いのチョコレートケーキ」  福音館書店

     ~~~~~~平塚ミヨさんのお話~~~~~~

1、貧乏神    「わらしべ長者」  岩波書店

2、葉っぱの魔法   「魔法使いのチョコレートケーキ」 福音館書店

平塚先生のお話で心に残ったこと、思ったこと。

「たとへば、OOといいました。OOがいいました。という文を言わなくても、イメージがしっかりしてれば、だれが言っているのかわかる。」

たしかに、声色を使い分けているわけではないのに、よくイメージされたお話は登場人物が鮮明だ。

「活字になっちゃダメ。活字が見えないように語ること。『話』は「言」に「舌」と書く、たんなるおしゃべり。『語』は「言」に「吾(われ)」と書く。その人の中を通って化学変化を起こして伝えること、その人が出てくる、その人の語りにして語ること。人のまねをしてはダメ、自分の良さを出していくことが大事

そういえば、みつけどりの仲間たちを見ていると、すらすら滑らかに言葉が出る人、とつとつと語る人、明るい感じ、おとなしい感じ、いろいろな個性があるけど、みんなそれぞれが、自分の持ってる個性のままで上手になってる、いい味出してるんだな。私はこの仲間の話がすごく好き。

自分らしい語りを見つけるために仲間は大切、複数の学びの場をもつと良い、ともおっしゃっていた。

ほかにもいろいろ、楽しいお話がいっぱい。帰りにご自宅のお庭もみせてもらい、次回の素敵な提案もしていただき、満足満足で感謝感謝の会でした。

山ちゃんの抹茶小豆シフォン最高!平塚先生の酢昆布のひたし豆おいしかった!

帰りのの電車の中で、みんなでしみじみ話したのは、「私たちお話に出会えてホントによかったね。子育てが終わっても人生の最後まで次のお話のこと考えると、退屈ってことがないもんね!」っていうことでした。

それにしても、同好の志との食事や会話はなんて楽しいのでしょう!人生の中でたとへ辛いことや苦しいことがあっても、違うチャンネルを持っていることは、それらを乗り越えていく力になるなあと思ったことでした。

 

2012年11月21日 (水)

みつけどりの会(35回)

昨日はみつけどりの会だった。

今回のプログラムは

1、マメ子と魔物    子どもに聞かせる世界の民話   実業乃日本社

2、ものいうなべ    「ものいうなべ」   ハッチ/文 渡辺茂男訳 岩波書店

3、三まいの鳥の羽  子どもに語るグリムの昔5 こぐま社

4、お話を知らなかった若者   子どもに語るアイルランドの昔話  こぐま社

5、おどっておどってぼろぼろになったくつ  子どもに語るグリムの昔話 こぐま社

私は、「マメ子~」を語った。

子どもたちの前で語ったときは、子どもたちに助けられて語ることができたが、大人の前はやはり緊張する。もう6年も一緒にやっている仲間なのになんで、緊張するんだろうか。

それで、H先生のコメントは、全体的に早すぎる。魔物が一番最初にでてくるところのセリフはもっと重々しく。魔物がマメ子たちに声をかける場面は寝ているマメ子たちを眺め渡しながら言うセリフだから、そのような声の出し方を、と。びっくりした。私は戸の外から声掛けしてるみたいなイメージだったのだ。

その他のメンバーにも「おお!」と納得のいく的確なお言葉!すごいなあ!H先生は。やはり、手放せないお方!

でも、「頭が痛いわあ」というので「どうしたんですか?」というと「5人も講評するのは大変なのよ」と。そうだよなあ、H先生は絶対手を抜かないから。

なので、私はうちの最近のバータス話をしてあげた。先生、お腹をおさえて大笑い!

バータスにユーモアがあってよかった。

2012年10月17日 (水)

みつけどりの会(第34回)

今日は私は聞く日。なんて気が楽で、楽しいんだろ。それなのに、事故で道路が渋滞で遅刻!駅から一回も止まらないで走り続けた結果、4分の遅刻で、みんな待っててくださった!ありがたや!

    本日のプログラム

1、三びきの子ブタ    イギリスとアイルランドの昔話(福音館)

2、かにむかし      絵本「かにむかし」(岩波書店)より

3、こびととくつや    子どもに語るグリムの昔話6(こぐま社)

4、ラプンツェル     子どもが語るグリムの昔話3(こぐま社)

5、赤ずきん       子どもに語るグリムの昔話5(こぐま社)

今回のH先生のコメントで一番心に残ったのは、

「つくった声でなく、イメージして出す声が大事!演じてはだめ。」ということ。

先生が、実際にある一節を語ってくださり、その違いを分かりやすく教えてくださった。確かに、演じてはいないけれど、そのキャラがはっきりわかる。それは、いかに自分がイメージしているかに,かかっている。

ああ、でも、まだ私には、「イメージすることと、演じること」の違いがわからない。私はつい、演じてしまいそう。でもでも、問題はいかにイメージを深めるかだ。そのためには、本もたくさん読んで、いろんな美しいものを見て、感じて、体験していくこと。そうやってイメージできる自分を作っていくこと。

帰りの道すがら、後ろの方で、女子高生が「あ~!明日、物理だよ、やだなあ!」って言う声が聞こえた。期末試験の最中なのかな、急に懐かしい感覚につつまれた。
あのころは、勉強だけしてれば良かった。今は勉強してるとみんなに用を頼まれて、集中できない!ああ!まったくもう!ってなっちゃう。あの頃は、そのありがたさが分からなかったんだよなあ~。もったいない。今のおばちゃんの心であの頃にもどったら、猛勉強するのにな。

なんてこと、考えながら、帰ってきました。

今夜のごはん:茄子とひき肉のエスニック炒め(ナンプラー使っただけなんだけどね)
         人参とたらこの友禅煮(旦那の好物)
         サバの文化干し
         わかめと豆腐と玉ねぎの味噌汁(うちは、いつも玉ねぎは欠かせない)
       レンコンのサラダ(レンコンの薄切りをさっとゆでてコールスロードレであえる)
        きゅうりのぬか味噌漬け