バータス

2013年8月 6日 (火)

元気なバータス

4日の日曜日はバータスの行っている老健のお祭りの日。やっと休みがもらえた夫とでかけた。

バータスたち認知症棟の人たちは、9時15分からの1時間、お祭りに参加できる。

9時5分頃着くと、バータスたちはきれいな浴衣を着せてもらいお化粧もしてもらってにこにこ談笑していた。

みんな、澄ましていれば、認知症なんてわからないほど。

続きを読む "元気なバータス" »

2012年11月16日 (金)

楽しいときほど・・・

昨日は、楽しみにしていた、S先生のセミナー、だったのだが、途中、バータスが高熱を出したと、ショートステイ先から、携帯に電話が入った。何度かのやり取りで、セミナーが終わるころ、施設の方が送り届けてくださることになった。

(楽しいことしようとすると、こういうことが起きるのよね)と介護経験のある先輩のお言葉。

でもでも、楽しく深い内容のセミナー、義母には悪いが電話の合間にもしっかり楽しんだ。S先生には、何度も出たり入ったりで申し訳なかった。

終了後、急いで帰ると、ちょうど、いいころ合いにバータスが帰ってきた。

ひょたひょたと、まるで初めて重力のあるところに降り立ったみたいな歩き方で、私に支えられながら、自宅に到着。

夜、寝る前に熱を測ったら、36,2Cで下がっていた。

翌日、念のためかかりつけの医院に。

そこまで、普通は5分で行くんだけど、時速1メートルで進むので、15分くらいかかった。

帰りはゆるい上り坂なので、もっとかかった。

医院にて

インフルエンザかどうか検査してもらう間、診察室で5,6分待つことに。

「わだす、なあんも、具合悪くねのに、なしてここさいるの?」

「風邪ひいたんでしょう、熱もあったし。」「そうなのぉ」

「早く元気にならなくちゃいけないから来たのよ。風邪だって油断できないからね」

そしたら、バータス、真顔で

「でも、いい人は早く死ぬっていうからねぇ」って。

私が大笑いしながら、「お義母さんいい人なの?」って聞くと、まじまじと私の顔を見て、「長生きしすぎたね。」

二人でげらげら笑ってたら、カーテンがシャッとあいて、看護師さんが、しーっと口に指をあてて、メッって顔で、怒られちゃいました。診察室がカーテンで仕切られているだけだから、うるさかったのですね。

帰り道、高層の集合住宅が立ち並ぶ様子を見て、

「どんだけ、人、いんだあ~、」「人がいっぱいいるの、やなの?」

「ううん、いっぱいいたほうがいいけどさあ。」と周りを見渡しながら「こんな大都会には、おおきな落とし穴があるから、気をつけねばなんね。」

「そうだね、青森とはやっぱりちがう?」「ちがう、ちがう、青森にこんな大きな団地、あったら、町に人がいなくなるよ」

青森市は、平坦な土地で、駅前以外は高い建物はないから、普通の住宅地に高い集合住宅があるのは驚きなのだろう。

ひーひーいいながら坂道歩いているのに突然「あ、わんちゃんだ」とバータス。

どこ?視線の先、人の隙間からわずかに見える茶色い生き物、私なんかやっと、それとわかるほど、遠い所にいるのに、バータスには見えるのだ。

生き物が大好きで、「冬のソナタ」には見向きもしないのに、動物が出てくる番組は夢中で見てる。

この夏休み、初めて連続2週間ショートステイに行ってもらった。10日ばかり経った頃、恐る恐る面会に行った。「こんなところに、ほうりこんで・・」って言われるかなと、どきどきしてた。

でも、行ってみると、大きなリビングで、私達が来たのにも気がつかないで、おじいちゃんたちに囲まれて楽しそうに話してた。そっとそばによって聞いてると、お互い全然、話がかみ合ってない、ひとりひとり言いたいこと言ってるのに、にこにこ、大笑いしてるの。不思議な光景だった。

談話室でお茶をのみながら、「どう、ここは?」と聞くと「いやあ、いそがすくて、いそがすくてたいへんだあ、」「どうして?」「いやあ、わだす、市から頼まれて、ここの相談員やってるのよ。」というではないか。

「そう、でもみんなのお役に立てていいじゃない。」「そうだけど、忙しくて、ただでねえよ」

だって。すごい!想像力。バータスは自分なりに、意味のあるように生きようとしてるのだろう。

2012年6月30日 (土)

バータスの食欲

木曜の夕方、ショートステイから帰った、バータス。今回は長い、10日間のショ

ートステイからの帰宅。でもいつもと変わらず、車からおりてエレベータホールに

行くと「ここにきたことあるよ。」「ここにくるとなんだかほっとするんだよね。」など

といいながら、6階につくと、高い景色に「ありゃ~なぁんぼかたぁくさんあるんだ

あ」と左右に続くドアドアを眺めて、感心するのも、いつもおんなじ。玄関に入り

ながら、「はいっていいの?おじゃまむしでねえか」なんて言いながら、「なにいっ

てんのよぉ~どうぞ入って、今お茶淹れるから。」というと、「なぁんもおかまいし

ねぇでくださいな。」「私も呑みたいから」「そだか」てな感じ。すぐに「ひでくんは

忙しいの?」と、忙しくてなかなか家に帰れない息子のことを案じる。(今日は顔

見せに帰ってきて)、とメールしたけれど、なかなか厳しそう。バータスは昨日の

朝、昼ごはん、ほとんど食べず、寝てばかり。夕方とうもろこしをゆでてあげたら

喜んで、それだけ食べた。これじゃいかんと今朝、旦那に電話して、バータスと

話させる。すごく喜んで話してた。その威力たるやすごい。朝ごはんはおかわり

したし、昼にはとうもろこし3本も食べた。嫁がいくら優しくしたって息子にゃ、勝

てぬのう。ま、元気出てよかった。