自然

2015年1月 7日 (水)

朝の月

20150107_071535台風のような雨と風だった昨日の天気がうそのような、穏やかな朝。雲の切れ間に月が見えたかと思うと、あっという間に雲は流れていき月が顔を出した。でも、まだなんだか冷え切らない湿った空気で、富士山は見えなかった。

2014年5月25日 (日)

オナガ

Photo_3 最初にオナガを見たのは、市民図書の窓辺からだった。

Photo_2

続きを読む "オナガ" »

2013年10月16日 (水)

虹だよ~

Pa0_0005

Pa0_0004

Pa0_0000
台風が暴れまわったあと、雨上りの空に、虹が!

雨はやんだけれど、すごい風!6階のベランダから、カラスが吹いてくる風に向かって飛んでいるので、ほとんど、ホバリンリング状態でいるところを目撃!わざわざ、そんなことして、カラスも風と遊んでるのかなと思った。

そして、雲がどんどん吹き飛んでいき、カーテンをあけるようにして富士山が見えたと思っていたら、見る間に下の方から、虹が出てきた。最初は富士山の麓から伸びてくるようにみえていたのが、だんだん細く伸びてきてアーチをつくった。

こんなに大きい虹は久しぶり。、壊れかけの携帯のカメラじゃ、きれいさが伝わらないかなあ。

でも、ご近所の友達に「虹見て!」メールをジャンジャン送った。

子どもたちは学校が休校になったので、みんなで、見て、大喜びしましたって返事がきた。

子どもたちは休校で喜んだけれど、先生は学校、休みじゃないのよね。うちの旦那は止めるのも聞かず、まだ雨風ひどい時間にバイクで学校行った。でも、子どもがいない分、気楽なんだって、落ち着いて、たまった仕事ができるって、明るい顔して出かけて行きました。

こんな、嵐の日に、家にいて、虹が見れるなんて、幸せだね。ありがたいことです。

2013年9月 7日 (土)

私の夏休み④ 安達太良山

8月24,25日で、安達太良山に登った。

いつも、丹沢や近場の山を一緒に登っている友人から、たまには一泊の登山もしようということで、本格的な登山が久しぶりの私のために、選んでくれた山が安達太良山。

去年のたんぼロッジも福島、今回の安達太良山も福島。行くならなるべく福島行きたいのでグッドチョイス。

朝6時ちょっと前の電車に乗るため、駅までは、バスが無いので、歩き。

これがきつかった。

押入れから、見つけ出した登山靴が30年前に使っていたものだから、いかにもごつい。でも、独身時代、本格的な山に登るために、大枚はたいて買った靴だから、まだぜんぜん、きれいで、はけると嬉しくなったのだ。でも、その考えは甘かった。平らなコンクリートの道を30分くらい、急ぎ足で歩いたので、厚手の靴下をはいてても、もう足が痛い。

いやな予感はしたが、気にせず歩いた。

横浜から、上野に出て、新幹線で郡山へ、そこから、岳温泉が出してくれている送迎バスで、奥岳登山口まで。登り始めたのは10時半くらい。

最初は調子よかった。渓流沿いの美しい道を木々の緑を眺めながら歩くのは心楽しいものだった。この自然遊歩道はよく整備されていて、とても歩きやすかった。

川とさよならして森林地帯に入るとクマよけに鈴を出してつけた。楓などの紅葉する木がたくさんあったので、秋に来たら、さぞきれいだろうなあと、来たばかりなのに、次回また来ることを考える。

ここは本当に道がよく整備されていて楽だった。

途中、アサギマダラという美しい蝶が前に後ろに、つがいでお供をする。(私をみて!きれいでしょ!)と挑発するように近くをひらひらする。そのうち見えなくなっては、また忽然と道の向こうに姿を現す。道を教えてくれているようだ。

また、緑と黒の美しいしましまのギンヤンマもにも出会う。ギンヤンマは私のだいすきなとんぼ。捕まえたいと何度もトライするけれども、リュックをしょっているし靴が靴なものだから、すばやく動けない。

でも、ギンヤンマは通るところを決めている、なので、同じところに立っていた。

そうしたら、案の定ギンヤンマはまた飛んできた、そして、なんと、私の目の前20センチくらいのところでホバリングして、5秒くらい、にらめっこしたのだ。私が笑ってしまって負けた。あの5秒間、ギンヤンマのやつ何考えてたんだろう?

しばらくして硫黄のにおいがしてくる。どこからくるのかなと歩き続けると、山小屋の黒金小屋が見えてきた。たいていの山小屋は頂上まで、10分か15分くらいのところにあるのだが、この黒金小屋は中腹くらいにある。見えてから、なかなか着かなくて、へとへとになったが、やっと小屋に到着。

でも、この山小屋の魅力は山小屋なのに温泉があること。山小屋だから、板で四角く仕切ってあるだけのひなびた温泉だけど、湯の花がいっぱいの乳白色のお湯は本当にいい湯だった。特に私は、さっそく足に豆を作ってしまったので、よーく浸った。次の日、足がなんとか持ったのはあの温泉のおかげだとおもう。

小屋につくと、まるめがねで髪をポニーテールにした年齢不詳のおじさんがむかえてくれた。このご主人、髪がすくなくて、ホントに馬の尻尾みたいで、絶えずダジャレを言っているのだが抑揚がないので、すぐに意味がつかめず、笑うポイントを外してしまう。要するにへんなおじさん。でも、おもしろい。

すぐに私の靴に目をつけて、「すごい靴はいてるね、ちょっと見せて」と手に取って矯めつ眇めつながめて、「よく、こんなにいい状態でとっておいたね。」と感心してくれた。でも、私は周りにいる、登山者の誰一人として私のような登山靴を履いてる人がいなかったのでちょっと、恥ずかしかった。

恥ずかしかったけれど、次の日頂上を目指して歩き始めると、木は無くなり、石がごろごろしたような道がつづくと、この靴のありがたさがわかった。靴底の衝撃が緩和されて、らくなのだ。

山小屋の夕食時間は病院より早い。5時に夕食のカレーライス。お代わり自由だったけれど、本当にカレーライスだけ!これで、夕食料金は1600円、だ。次回からは郡山で、お弁当買って朝食だけにしたほうがいいかもね、と話した。

寝る前に2度目の温泉に入って、就寝時間は7時!なかなか眠れないかなと思ったけれど、夜中に起きることもなく、熟睡。4時に目が覚めて5時ころまで、窓の外を見ていた。

朝焼けが空に広がっていくのを寝床で見ているのは楽しかった。初め曇っているのかなと思ったが、雲は多いもののきれいな青空が広がった。

5時半朝食。7時出発。頂上まで、1時間30分、私たちはゆっくり景色を見ながら行く予定だから2時間とみて、出発した。

黒金山荘からは木はなくなり、見晴らしの良い登山道を黙々と歩く。足元に野生のブルーベリーがなっていて、何粒かとって食べる。まだ熟して無いようでほどほどの味。

「サリーのこけももつみ」を思い出す。クマはでないでよぉとつぶやきながら頂上を目指す。途中立ち止まって、振り返ると、郡山の町が襟を重ねたような山々の向こうに広がっていた。

Pa0_0016一歩一歩ゆっくりと歩いてきたのに、もうこんなに高度を稼いでいるなんて、地道にゆっくりでも、歩みを止めなければ、どんなに長い道のりも必ず到着する。

歩くということのすごさをしみじみ感じる。

この先の景色も撮りたいと思っていたのだが、残念ながら電池切れ。

カメラ持ってくるのを忘れたのを悔やむ。でも心のカメラにたくさん収めた。

続きを読む "私の夏休み④ 安達太良山" »

2013年6月13日 (木)

アゲハの季節

Pa0_0003夕方、お買いものの途中、近所の山椒の木が大きく茂っていたので、いるな、と思って、探していたら、いました。孵化したてのアゲハの幼虫が(下の葉の上、黒い糞のようなもの)若葉の上に、その対の葉には卵が、まだ黄色いからこれから孵化する卵だ。

持って帰りたかったけど、これから、買い物だったから、安全に運ぶのは無理なので、あきらめた。ちゃんと、孵化したての幼虫が食べやすいように、柔らかい若葉の上に卵を産み付けてた。ちゃんとわかるんだなあ。

子どもらが小さかった時は、ひと夏で、15匹くらいのアゲハを孵した。

いろんな、ドラマがあったなあ

幼虫がたくさんになると、虫かごでは無理だから、衣装ケースにいれて飼った。

ビンに餌にするみかんの葉を、生けておいたのだが、みかんの枝が大きくてビンが倒れてしまうので、ガムテープで隅に固定したんだけど、重みでだんだんはがれてきて、ある時、おばかな幼虫がガムテープのべとべとしたところにくっついてしまって、もがいていた。

こりゃ大変とはがそうとすると、べったり、くっついてしまってなかなかはがれない。無理にはがそうとすると、痛そうにいやいやをするのだ、仕方がないから、スポイトで少しずつ接着面に水をたらし、めん棒で少しづつ、少しづつはがしていった。子どもたちは泣きながら、「がんばれ!がんばれ!」と励まし、私はあせびっしょりで、やっとの思いではがし終えた、でも、なんだか元気なくしぼんだ感じで、やな予感がした。予感は的中し、次の日死んでいた。

さなぎになってからも、苦難はつづき、ちゃんと蝶になれるのは3分の2くらい、あとは、寄生蜂にやられて、さなぎの中がすかすかになってしまう。

たくさん、幼虫を飼ってわかったのだが、幼虫にも性格があるってこと、気が強いのは、まだ触ってもいないのに、そばに来ただけで、オレンジ色の角を出してくさい匂いをまき散らす。気が弱いのは指でつんつんしても、いやいやってするだけでなかなか角は出さない。でもそういう気が弱いのは、いつも食べてるところを強いやつに占領されてどんどん、固い葉っぱの方に追いやられるから同じ時期に生まれても体が大きくならないうちに脱皮しなきゃならない。

だから、ときどきそういう気の弱いのをいい場所に移動させてやるのだが、折角、依怙贔屓してやってんのに、気が付くと、強いのにおいだされている。

うちで蝶になった子は気立てがいい。私が蝶の前に人差し指を出すと、ちょこんと止まるのだ。かわいいったらありゃしない。そうやって、羽に触れずにかごから出してやり、外の世界へ送り出した。

でも、もう一緒にそれを楽しむ子どもはいないんだなあ。ちょっとさみしいな。

2013年6月 3日 (月)

蛍を見に行く

治癒力開花のブログのすももさんからの「そろそろ、蛍がでてますよ~」のお誘いに1日の土曜日、瀬上に蛍見に行ってきました。

現地集合。瀬上の自然も楽しみたいので明るいうちについて、お散歩することに。

部活が早く終わった旦那も一緒にいくことに、で、バイクで行った。

すももさん、は新品の電動自転車でさっそうと登場!お互いあいさつもそこそこに、あちこちにある桑の実を「おいしい、おいしい」とつんではお口に、届かないところは旦那をつかい、ぱくぱく。

なんじゃ、こりゃ、人が見たら、絶対へんなおばさんだよね。こういうことでは息がぴったり!得難い友人です。

以前、大山登ったとき、山の斜面の、枯草でふわふわになった土に素足をつっこんで、目をつぶって「私は木」ってやった。すももさんがやろうといったんだけど、すごく気持ちよかった。そのとき、いいこと思いつくなあ、と感心したのを覚えてるけど、そのことを人に話すと、私もやりたい!って人にはめったにお目にかかれない。残念だ。すごく気持ちいいのに。人にどう見られるかさえ気にしなければね。

散歩してるうちにあたりは暗くなり、ちら、ほらっと蛍がではじめたら、あとはすごいことに。晴れてたけど、ちょっと肌寒いかんじだったから、どうかなあ、と心配してたけど、蛍の乱舞でした。そしてTさん家族とも遭遇し、瀬上の夜の空気を胸いっぱい吸って、帰ってきました。まだ10日くらいは楽しめそう。

2013年3月25日 (月)

十二所梅園

Pa0_0010

Pa0_0012

Pa0_0018

続きを読む "十二所梅園" »

2013年1月14日 (月)

いきなりの大雪

Pap_0002_2

続きを読む "いきなりの大雪" »

2012年12月 8日 (土)

児童遊園地

近所のお母さん情報で、市が児童遊園地の池の水を抜いて池の泥さらいをするとのこと。その時に、子どもたちに、池の生き物をとらせてくれて、生き物について調べたり、スケッチをしたりするイベントをするとのこと。子ども中心なんだけど、私もやりたいと、旦那の長靴を持っていってみた。

久しぶりに児童遊園地に行ってみたがすごくいい。自宅から10分ほどで来れるのに、なかなかいかないなあ。もったいないと思った。紅葉がきれいで、風が強い日だったから、青い空に落ち葉が舞っている。耐空時間がすごく長くてなかなかおちてこないのだ。

ひとつ、あの落ち葉と決めて、ずっと目で追う。くるくると個性的にまわって、そのたびに陽をうけて、キラキラ光るのが美しかった。

池の水は行った時にはもうほとんど無くて、泥がむき出しになっていた水たまりのところにくちぼそ、めだか、ぬかえび、すじえびなどがいたが友人の息子が謎の生物を捕獲。1センチくらいで、両脇に羽のようなものがあってそれをばたばたさせてものすごく速く動くかわいい生物、調べねば。

旦那が部活早く終わってお昼に帰るとのメールがあったので、急いで帰る。

お昼ご飯は、ラーメンライス。冷蔵庫にある野菜を塩麹でいためて乗せた塩麹野菜ラーメンと昨日作ったポテトサラダ。お酢と塩ドレだけで作ったポテサラはさっぱりしていてとてもおいしかった。

その後旦那とバイクで保土ヶ谷へ。

寒かったけど、完全武装していったから、大丈夫。

帰り、お茶しに、ファミレスへ。

学校のこと、子どものこと、最近の健康状態のこと、いろいろ話す。

この会話の中で、長年の謎が解けた。

長く暮らしていても、話さなきゃわからないことってあるんだなあ。

旦那は無口であまり自分のこと言わないから。

こういう時間も大切だよね。

帰ったら、息子がガルバンゾー豆をゆでてて、ゆでたての豆に塩を振りかけたのを「食べてみ」と言われて食べたら、あとひくうまさ。自分で富沢に行って買ってきてゆでたんだと。

まったく、おもしろいやつ。

2012年7月30日 (月)

ガサガサ探検隊

Grl_0164_2

Ts3p0160_2

続きを読む "ガサガサ探検隊" »

より以前の記事一覧

  • 2012.06.10