« 息子に会いに行く | トップページ | 僕が跳びはねる理由 »

2014年8月17日 (日)

夏の鎌倉

1408162203740.jpg

1408162206410.jpg

1408162208317.jpg

1408162210170.jpg
弟の嫁さんのTちゃん、幼馴染みのJちゃんと、夏の鎌倉に、行って来ました。ランチは今度こそと、フランス料理のレネと、思ったけど、またまただめでした。火曜水曜は、定休日なんですと。それで、北鎌倉の笹の葉にいきました。私は家族や友達と何回か行ったことあるけど、T ちゃんもJ ちゃんも初めて。私も久しぶりでしたが、美味しかった。野菜のかき揚げが絶品!ごま油で、あげているそう。丸みがある形なのに、中までサクサク!これは、家でできないね。かきあげもですが、ふたりが、感激していたのは、玄米ご飯の、おいしさ。そこで、圧力鍋で、美味しく炊くコツを、おしえてあげました。

それから、竹の寺で有名な報国寺へ。

駐車場の目の前にあるお宅の百日紅がそれはそれは見事で、毎年見とれてしまうので、楽しみに行ったのだが、木がおおきくなりすぎたのか、花がぱらぱらで、もっこりふわふわじゃなかった。少しがっかり。

でも、竹の寺は涼しく、竹の持つ芳香が当たりに満ちていて癒されました。お抹茶をいただきながら、竹の庭をゆっくり眺めました。竹の葉が落ちる様はひらっひらっと葉にお日様の光があたって趣のある落ち方で、とても素敵です。それからよく見ていると、すずめより小さなかわいい鳥が竹の下の下草の中から飛び出ては引っ込み飛び出てはひっこみしていたので、その鳥の正体をよく見たいとおもいましたが、中に入ってはいけないので、それはかないませんでした。あの鳥はいったい、何だろう。気になる。

そのあと、鎌倉市農協連即売所、通称、レンバイに行った。でも、行ったのが遅かったのか、暑いからなのか、葉物は、しおれてて、お目当てのトマトは売り切れ、かぼちゃはバカ高く、買う気の起こるものはなかった。でも、Tちゃんたちは、じゃがいもや、人参を買っていた。レンバイも、早めに行かないとだめね。

そのあと、車を若宮大路の駐車場に置いて、由比ガ浜通りまでお散歩。通るといつも寄る、アジアの衣料雑貨のお店に入る。このお店のちゃんとした名前は知らないや、この辺、って感覚で覚えてるから。ここは、ときどき、やすくて、いいものが手に入るお店、お気に入りのアジア的な服をときどき買っている。今日は、バッグと帽子がいっぱいで、服はちょびっと。でも、お話会でしたら、いいなあと思う、かわいいブローチを見つけて購入。

それから、また歩いて、鎌倉文学館に。入口の石のアーチはいつ行っても趣があって素敵、それになにより涼しい!中に入って、居間だった、休憩所に座って外をみると、そんなに坂を上ってきた感じがしないのに、海が見えるのです。これはちょっと感激します。今回、はじめてベランダに出てみました。今までベランダに出ていいって気が付かなかったのだけど、いいですね。涼しい風に吹かれて、木々からきこえる、カナカナの泣き声と、遠くに見える海、海にはウインドサーフィンをしている人の帆があちこちに見えている。そして、木々を吹き抜けてくる風の匂いの香しさ。Tちゃんと、「ときどきここにきて、ここが、自分の別荘だと想像しよう」とずうずうしいことを、話しあいました。それから、下の階にいくと、ちょうど「にしまきかやこ」展をやっていて、子ども連れがいっぱいでした。外に出ると、小雨がふっていて、さらに涼しくなって、傘をさしても楽しい散歩。でもそれもすぐにやんで、帰り道、こ寿々でわらびもちを食べました。お茶も急須でついて、350円くらい?だった。ゆっくりやすめて、ここは最高。間口半間くらいの小さなお店だから注意してみてないと行き過ぎてしまいます。そしたら、もう五時。雨もひどくなってきたので、急いで、帰りました。Jちゃんが車運転してくれたので、楽ちんな鎌倉行きでした。ありがたや。

« 息子に会いに行く | トップページ | 僕が跳びはねる理由 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の鎌倉:

« 息子に会いに行く | トップページ | 僕が跳びはねる理由 »