« ウナギが遠くなる | トップページ | 私の夏休み② 「こねこのぴっち」展 »

2013年8月31日 (土)

私の夏休み① 誕生日 ランチ 新大久保

明日から、9月。

8月は今日で終わり。

暑さでボケボケになった頭をしゃっきりさせるため、ずっとサボっていた、ブログの更新をしようとおもう。

まず、私の誕生日パーティー。7月の下旬が私の誕生日だったが、最近の常でみんなの予定がなかなかあわない。でも、何とか折り合いをつけて、8月7日にやることになった。9月の初旬には長男の誕生日があるので、立て続けに2回も集まるのは大変、ということで、私と長男の2人一緒のパーティーにした。ケーキもちょうど小さいのが2つ買えた。これが、2つともとってもおいしかった。でもケーキ屋さんの名前は忘れた。でも、場所はわかってるから、問題ないや。

メニューはいつものように手巻き寿司、いろいろ野菜たっぷりの千切りサラダ、出汁巻き卵、海鮮味噌汁。等々。

ときどき、自分の誕生日になんで、私が買い出しに行ったり、料理作ったりしなきゃなんないの?という気持ちが湧いてくるけど、大学生になっても、この家族の行事を大切に楽しみにしてくれる子どもたちに感謝しなきゃね。

下の子は早めに来て、くれて、買いだしに付き合ってくれて、重いものはみんな持ってくれた。頼もしくなったなあと思う。

7月の末にはNさんに招かれて、ランチをご馳走になる。会いたかった、Sさんにも会えた。他にYさんと4人で楽しく有意義に会話する。人生も年を重ねるといろいろ、苦難にも会う。けれども、心許せる友がいて、語る場があるということがどんなに励みになることか、家に帰ればまた現実が待っているのだけれど。    Sさんも、そう感じてくれただろうか。私が「この2年の間に息子の発達障害、認知症のバータスとの同居、旦那の癌、人からみれば、悲惨!って感じだけど、渦中の私の日常は、ご飯つくって、洗濯物干してって、いつもと変わりないの。毎日悲しんで涙流してるわけじゃない。やることが多いのもあるけれど、私にはなんていうのかな、根拠の無い自信があるの『絶対大丈夫!』っていう。それはいいかえれば、『希望』という言葉になるの。」といったら、Sさんも「それ、私もあります」と笑顔で言ってた。お互いに時間がたって、今のことが自身の人間的な深みになってるといいね。

8月9日、幼馴染のTちゃん、Jちゃんと毎年恒例になった、新大久保に行く。

韓流ドラマ大好き、韓国好きの2人とただ、新大久保行って、韓国料理食べて、韓国食材を買ったり、化粧品買ったり、ただそれだけなんだけど、いつも忙しくてなかなか会えないから、ずっとしゃべりっぱなし。

今回はJちゃんが調べてきた安くておいしいと評判の店に行く。中の様子は余りきれいでなくて、韓国っぽくてよかった。お豆腐のチゲがおいしかった。

あと韓国のかき氷パッピンスを食べた。これ、大好き!おいしかったあ。

そして、韓国スーパーでコチュジャンとか、牛肉ダシダとか、暑いから、生ものはかえなかったけど、乾鱈とか、韓国のお菓子やお茶など買った。

韓国料理の店で食べた、「食べるコチュジャン」がおいしかったので、想像して家で作ってみた。乾しエビ、乾し貝柱などいれて作ってみたら、同じってわけにはいかないけれど、これはこれでおいしいのができた。家族には好評。ご飯に乗せて食べるとおいしい!焼きナスにも合うし、そうめんに混ぜて食べてもおいしかった。

« ウナギが遠くなる | トップページ | 私の夏休み② 「こねこのぴっち」展 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の夏休み① 誕生日 ランチ 新大久保:

« ウナギが遠くなる | トップページ | 私の夏休み② 「こねこのぴっち」展 »