« 平塚ミヨさんお話会 イン イングリッシュブルーベル | トップページ | M中学の読み聞かせ »

2013年7月13日 (土)

東戸塚五年お話会

久しぶりの東戸塚小お話会。

ここでのお話会は、ベテランの先輩たちのお話しや、いろいろなアドバイス、が聞けて本当に楽しく勉強になる。

今日はずっと熱望していたOさんとご一緒でしたが、残念、違うグループなので、お話は聞けず!でも、本の実の後輩メンバーが見学で参加して、聞けた。よかったね!&うらやまし!

でも、休憩中にいろいろ勉強になるいい話が聞けた。

プログラムは以下。

1、「お話を知らなかった若者」・・・子どもに語る「アイルランドの昔話」 こぐま社

2、「きつねのホイティ」・・・シビル・ウェッタンシンハ/作 福音館書店

3、「ねむり姫」

5年は5クラスなので、2グループでやり、私たちのグループは3回やった。

私は、1回目と2回目「お話を~」を語り、3回目は「きつねのホイティ」を読んだ。

Oさんの「お話を~」が聞きたかったけれど、3回やったから、無理。逆に私の練習不足の「ホイティ」を聞かれてしまった。

でも、とても的確な、アドバイスが聞けた。

「ホイティ」は「そこで・・・」というところ、すこしためて、どうなるのだろうという期待を膨らませる読み方をすること。句読点をきちんと意識して読むこと。絵本の編集者は点や丸をどこにつけるかで、喧々囂々のディスカッションをするそうだ。それから、地の文と会話を同じトーンでやらない。単調になる。

これは、お話にもいえること。点や、丸にはそこについている意味があるのだから、文だけでなく句読点も正確に覚えることが大切。

« 平塚ミヨさんお話会 イン イングリッシュブルーベル | トップページ | M中学の読み聞かせ »

自分大学・お話会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412643/52325297

この記事へのトラックバック一覧です: 東戸塚五年お話会:

« 平塚ミヨさんお話会 イン イングリッシュブルーベル | トップページ | M中学の読み聞かせ »