« いきなりの大雪 | トップページ | 十二所梅園 »

2013年2月23日 (土)

久々の

Pa0_000321日は、子どもの通っていた幼稚園で、子どと本についての、講演会をしてきました。

写真のお花は、その時いただいたもの。いや~こんな素敵な花かご、今まで、もらったこと

ないです。私が好きそうな花を選んで作ってもらったそうな。こう見えても、かわいいもん好

きの私の嗜好をよく知ってらっしゃる!、みなさまに感謝です。

久々に、幼稚園まで、歩いて行きました。懐かしい忍者森(ただの雑木林の道なんです

が、子どもたちがこう呼んでいた)、いつもお茶休憩した階段、タケノコが時々顔を出してい

た、坂道。ここはアスファルトになってました。16年たったなんて、信じられない。そこここ

に、あの時の小さかった子どもたちが、ちょこちょこ歩いてました。

幼稚園につくと、副園長(園長先生の娘さん)が待っていてくれて、森を案内してくれまし

た。この幼稚園は、園内にかなり広い森や、畑や、ヤギ舎などがあり、子どもたちは、そこ

で、のびのびと遊んでいたのです。でも、時代でしょうね、ターザンロープは、危ないからと

撤去され、木の根元は柵で守られ、なんだか小奇麗になっていて、昔のジャングルっぽさ

はなくなっていました。

でも、そこにいると、ホッとする、感じは全然、変わってなくて、素敵なところだなあ、と改め

て思い、ここを守るために、現実的な煩わしい対応を引き受けている副園長さんに頭が下

がる思いでした。

冬だから、木から葉が落ちているせいで、富士山が大きく見えて、下をみると、大きな霜柱

が、お日様の光をうけて、ダイヤモンドを散らしたようにキラキラしていました。

地区センター(園内にある園長の自宅の一部を父母の会のために開放してくださっているス

ペース)にいくと、大勢のお母さんが待っていてくれて、活気のある、まじめな、雰囲気の中、

本当に楽しくお話ができました。感動したのは、飾り付け、出してくれたお茶、講師用の水に

至るまで、何もかも、心がこもっていて、感心しました。お昼にいただいた、お弁当も、おいしく

て、話がはずみました。なんでも、ここの卒園時のママがマクロビのケータリングをしていて、

そこから、とったお弁当だそうで、私好みで、すごくおいしかったあ!その時、同じガサガサが

趣味というママに会えて、電話番号を交換しました。

それにしても驚いたのは、後で、来てくれた園長先生、もう80歳くらいになられると思うの

ですが、「Nちゃん、元気にしてる?」とまだ、子どもの名前を憶えていてくれたこと!いや

~、すごいです。私なんか、人の子どもの名前いやんなるくらい覚えない、見習いたいで

す。そして、挨拶してくださったのですが、本当にやさしくて、誠実なお人柄は変わってらっ

しゃらない。故郷に戻ったような安らぎがありました。とくに下の子は園長先生が大好きで、

運動会のかけっこの時、園長先生の懐にゴールして、抱きしめてもらった光景を思い出し

ました。いつまでも、お元気でいてほしいと、思いました。

« いきなりの大雪 | トップページ | 十二所梅園 »

自分大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の:

« いきなりの大雪 | トップページ | 十二所梅園 »