« フードムードのお料理教室 | トップページ | 束の間の休暇 »

2012年8月14日 (火)

タンボロッジ

ずっと行きたかった、タンボロッジに行ってきました。

水泳部顧問の夫が関東大会で埼玉へ、バータスはショートステイへ、今だ!

でも、ちょっと後ろめたさが・・・で、タンボロッジに電話して予約が取れたら、それは行けってこと、そしたらとれちゃった。で、思い切って行ってきました。

行ってよかったあ!1泊2日なのに本当に中身の濃い旅でした。

Ts3p0199_2

Ts3p0200_2

Ts3p0201

Ts3p0202

Ts3p0185

Ts3p0189

Ts3p0192

画像挿入がまだ慣れてないので、ちぐはぐ。

タンボロッジは「1day1book」のさかなさんのブログで知ったのですが、会津高原にある、マクロビ、ベジタリアン、アンデス料理、穀物菜食をテーマにした宿泊施設です。

3時頃到着して荷物をおいたら、すぐお散歩へ。
ここは、都会っ子には何にもないと思われるところだと思うけど、私には「わっわっわっわ」ってものがたくさん。
まず、きれいな川がある、橋の上から川の中の石の一つ一つが見えるほどきれいな水、岩魚が泳いでるのもみえた。網持ってくればよかった!がさがさができたのに。

山のほうに続く細い道があったので、どんどんいくと、白樺に囲まれて小川が流れていた。そのそばに村の人のお墓が・・・そこにはきれいなお花がいっぱい咲いていてとてもきれいだった。

ロッジの裏手に行くとブルーベリーがなっていた。いくつか取ってお口に放り込む。さわやかないいお味。野生のクリの木があってまだちいさいい青い実をつけていた。

しばらくじっとしていると、ちょろちょろと水の流れる音がするので、そちらに行ってみると、下のほうに川が・・さっそく降りていくととても素敵な水辺がある川に出た。でもすぐにアブがたくさんとんできたので、ロマンチック気分はどこへやら、早々に退散してロッジに帰ると、オーナーの奥様が「仕事でここに泊ってる人が、早く帰ってきて、これから近くの温泉にいくんだけど、一緒に行きたい人があれば乗せてってくれるというんだけど、行きますか?」というので、もちろん「いきます」。車で5分くらいのところにあるホテルがやってる温泉に連れて行ってもらった。そこには「雪室」というものがあって、すごく涼しかった。初めてみた。

帰ると夕食。

その日は私と、仕事で来てる住友鉱山の人と病気療養のために来てる女性の3人だけだったので、一緒にディナーをいただくことに。それがびっくりするほどおいしかった。創造と全然違っていた。マクロビって体にはいいけど、味はねえ~って感じかと思っていたんだけど、とても丁寧に、工夫して調理されていて、おいしかった。

私が特に感動したのは、野菜のコンソメみたいなスープ。自家製のパンをクルトンにしたのが入っていたんだけど、それがとてもおいしい。スープは野菜の味がしっかりして、しぼんでいた細胞の一つ一つがぷっくりした感じがした。

ピーマンの肉詰めみたいのがでたんだけど、肉は一つも入ってないって聞いてびっくり。どうやって作るのか聞いたら丁寧に教えてくださった。太っ腹だ!

それからデザートに出たお豆腐ティラミス。お豆腐とは思えない濃厚な味、しかも大きい。しょうが紅茶もすっきりとした味でおいしかった。

そのあと、南米音楽に詳しい住友の方の話を聞いたり、療養中の女性の話:その日で11連泊中あと2日止まる予定だそう。病気療養とはいえ、うらやましいと思ってしまった。自動車関係の会社に勤めていて、海外をとびまわり、部下が10人もいたんだって。女性でもそんなすごい人が身近にいないので、驚いた。

ちなみに、11日間一度も料理がかぶってないって、奥様が胸を張っておっしゃっていた。すごい!

それから、私の話、昆虫が好きで生き物が好き、ひと夏に15匹アゲハを孵したはなしとか。それからロッジのオーナーご夫婦の南米の野菜や果物の話や、食、健康をめぐる興味深いお話で時間を忘れる。

そのあと、外に出て星を見る。なんてたくさんの星!そして天の川が見えた。
天の川なんて何年ぶりだろ。流れ星も見えないかな、と欲張っていたら首が痛くなった。

翌日は、療養中の女性が毎日通っているという「ロハスセンター」へ。朝ごはん食べたあと、朝なら大丈夫かと、裏の川へ、でもアブのやつ、朝から元気だった。ちょうどお盆の時期だけ川にはアブがいるんだよね。以前にも山形の朝日連峰の川で泳いだ時もアブにまといつかれて大変だった。

バスに乗ってロハスセンターへ行くんだけど、バス停というものがないので、宿の奥さんが道まで一緒に出てくれてバスを止めてくれた。バスが来るまで道路わきの草むらに何かいないかなあ、と見ていたら、奥さんが「ここらに、ナナフシがいるのよ」と教えてくれたので、ますますいないかなあと探していたら、見つけました!人生3度目のナナフシ!桜につくのはしってたけど、くずにもいるとはねえ、「よくみつけたねえ!」と奥さんも療養中の女性も感心してた。珍しい人だ、とも言われた。

ロハスセンターへ着くと、その隣に家が建っていてそこに、化学物質過敏症の親子が療養に来ていた。ここは町をあげて電磁波過敏症や化学物質過敏症などの病気で悩む人のための環境共生住宅をつくったり、センターを作っているそうだ。このセンターにはロハスな生活のための本や、食材、雑貨などが売られている。オーガニックのタオルが350円、靴下が500円、安い!荷物が増えるのはやだけど、安いのでつい買っちゃいました。

そしておすすめは酵素玄米定食、これもおいしくてびっくりした。しかも500円也。玄米おはぎも上品な甘さでおいしい!

帰りは、歩いて会津高原尾瀬口の駅へ。途中川沿いに温泉が・・これは是非はいらねばなるまい、と中へ、私ひとりしかいなくて温泉を独り占め。さっぱりして駅へ向かい、電車に乗って帰ってきました。意外と近くてびっくり。またぜひ行きたいな。

Ts3p0205

« フードムードのお料理教室 | トップページ | 束の間の休暇 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今度一緒に行きましょうよー! 誘ってくださいませ。

わお!さかなさん!
いいですねえ。
9月の29日30日のお料理教室行きたいなあ、と画策中。
どうですか?それから今、みたら、
ブログ更新してた!
なんか嬉しい!
さみしかったよお~

こんにちは♪ メールありがとう!
タンボロッジ、素敵なところだね~
私も行きたい、歩きたい、虫見つけたい!酵素玄米定食食べた~い!
ナナフシ、一生懸命くずの葉食べているの?かわいいね(o^-^o)

よい時間を過ごしたね。
素敵な休日で 心身ともにリフレッシュしたでしょうね(*^-^)

また寄らせてもらいますね!

ぶなの木さん

料理教室、いいですよねえ。9月30日(日)にこちらで大きなマラソン大会があり、子どもたちが出るため朝はいなくちゃいけないの。残念。9月の週末は土曜か日曜のどちらかが子どもの行事などがあるんです。今年は3年に一度高校の文化祭もありまして、その文化祭を皮切りに、いまカレンダーをみたらぜんぶ入っていて、ちょっとがっくり。

でもでもいつか一緒に行きましょうね。念じればかないます!

すももさま:

きっと、あなたも好きだと思うよ。

後ろめたさはあったけど、行ってよかったよ。出会う人、物、皆、今の私に必要なものだっ

たと実感、何かに導かれるように来た、って感じがしたよ。一人旅はすぐ友達ができて楽し

いけど、気の合う仲間と行くのも楽しいよね。私たち、そろそろ、そういうことができる年に

なりましたよね。


さかなさん:

それは残念!

さかなさんはまだそういう年代なんだね。忙しいけど、過ぎてみればあっという間です。

子どもがそれぞれの世界を持って行動するようになると夏休みの暇なこと!

家族で行動してた時がなつかしいです。

きっとチャンスはある。いつか必ず行こうね。私は平日だってかまわないからね。

私のストーリーテリングも聞いてもらわなくちゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンボロッジ:

« フードムードのお料理教室 | トップページ | 束の間の休暇 »